待望社 Taibowsha Corporation

Copyright © 2014 Taibowsha Corporation All Rights Reserved. 

待望社 新刊発行のご案内

超短編連載詩物語

『わたし猫ですわ』

宮本苑生 著

定価(本体1,200円+税)

ISBN978-4-924891-72-2

C0092

わたし猫ですわ(クロの自己紹介)

 

贅沢はしない  出来ない

望まない

 

お腹がすいたら

夢の欠片をひとつまみ

 

橋の向こうに憧れながら

危ない橋は渡らない

 

用心深さは

生まれつき

 

弱い者いじめは放って置けない

猫町小町の私が相手

けれど 形勢不利なら

逃げ出す用意

 

自由を愛し 平和を愛し

出来れば おのこも愛したい

 

粋な若者

いないものか

 

ぴったりは

さっぱりですわ

 

抜群のバランス感覚で

塀を飛び越え 世を渡る

 

わたし しなやかに

明るく生きる 猫ですわ

吉野弘子詩画集

『いのちの彩り』

定価(本体2,000円+税)

ISBN978-4-924891-71-5

C0092

いぬふぐり

 

いぬふぐりは春一番の日の光を受けて咲く

あんなに小さいのに精いっぱい咲いている

その花がたくさん集って空色に輝く土手

それはいち早く「春が来たよ」と告げる

春の喜びの表現でもある

私は病苦の身体を抱え

日々何とか生きている自分の命を

祈りの姿に変えていこうと思う

そう思っていぬふぐりを見れば

その小さな花達が

信仰の徒でもあるかのように

春の光に向かって

いっせいに祈っている姿のように見える

私は いぬふぐりとともに

春の神に祈っていると

自分が空色に輝いたと思った