待望社 Taibowsha Corporation

Copyright © 2014 Taibowsha Corporation All Rights Reserved. 

待望社 新刊発行のご案内

待望社の本

下川敬明詩集

『暗黒と純白の

讃歌』

定価 2,200円

ISBN978-4-910439-01-3

 

暗黒と純白の讃歌

 

ぼくは若い

ぼくは年老いている

ここにいて むこうにいる

現在であり 過去であり 未来だ

ぼくはきみであり 他の誰か

生きていて 死んでいて

まだ生まれていない

ぼくは始まる

ぼくは終わる

これから すでに いつか

名付けられたものたちと共に

言及を逃れたいっさいと共に

倉田武彦エッセイ集

『民のことばと

文様と』

定価 1,650円

ISBN978-4-910439-02-0

目次より

 

Ⅰ 民族とことば

民族のルーツ

奈良の大仏 そして仮名文字

日本に古代文字があった

「一万年の美の鼓動 縄文特別展」をみて

民族と資質

神話と天皇

川沿いの一万年

 

Ⅱ 民族と文様

民と文様のラプソディー

 

Ⅲ 旅の記憶

インド 旅の記憶

ゆあさ京子詩集

『あったよ』

定価 880円

ISBN978-4-910439-00-6

 

春の光

 

ビューっと風の音

ガラス戸に入った光はやわらかい

春が来る そんな時

平和のために働いていた人が犠牲になったと

虚しくなってテレビを消した

 

世界地図を描きながら

人は戦争をやめられないんだ

一方で 長生きの技術がどんどんできている

 

心が笑えないかわりに 足の指を動かして

靴下がムニュムニュと動くのを見ている